パーソネルを利用して理想の職業に~仕事見つけてハッピーライフ~

repairing service

新卒主義社会

基本的に最初から正社員で雇うケースは稀です

日本は新卒主義社会と言われており、高校や大学を卒業した人材のみ、特別に正社員で雇用されるというケースがあります。これは出版業界でも同じです。その為、題材の「基本的に最初から正社員で雇うケースは稀です」の部分に相反しますが、これは中途の場合を指すものであり、新卒の場合は正社員で雇用されるケースも存在します。そして今回、この出版業界での正社員は稀というのはどういう事かと言えば、出版編集者の職業の事を指すものであり、多くはアルバイトから入社するのが大筋となる傾向にあるという訳です。アルバイトから入社とはどういう事か、と言えば文字通りの意味で最初はアルバイトとして試用期間を見て、正社員試験などを受けて貰ってから年俸制に切り替えになるか否かという事です。

狭い門土の世界になります

出版業界の編集者の求人とは、現代では狭い門土の求人でもあります。何より、学歴が大学卒が条件である事が多いのも狭い門土の理由と言えます。学歴が大学卒なのは、契約社員の場合です。それ以外の学歴の場合はアルバイトで、アルバイトから契約社員、契約社員から正社員というパターンになります。中には契約社員から準社員で、準社員から正社員という長い道のりもありえます。これは出版業界が長引く不況から人件費削減したいという企業の本音もあり、求人情報に表れていると言えます。そして基本的に東京や名古屋や大阪などの都心部に出版企業は存在しており、地方には存在しない雇用の種類であると言えるでしょう。そういう意味でも狭い門土であると言えます。もし、出版業界の求人に興味を持たれた方は、その点などを注意深く見て調べてみるのもいいかもしれません。